ひびきのインターンシップ日記 (キャニオニング準備)

・キャニオニング準備

こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。

本日はガイドのジャジャとキャニオニングツアーの準備を行いました。主な作業としてはウェットスーツとキャニオニングブーツを倉庫から移動、選別、シューズのバックルが壊れていないかをチェックしました。ウェットスーツはサイズごとに並べ、ツアー当日お客様に迅速にウェットスーツをお渡しできるようにしました。キャニオニングブーツも同じようにサイズごとに棚に並べました。こうして並べてみるとEOCが所有しているギアーの数に驚かされます!

 

 

 

 

 

 

 

 

キャニオニングブーツは23cmから31cmをご用意しています。足のサイズが23cmよりも小さい方やお子様もご安心ください。キャニオニングのブーツの下にウェットスーツ生地の厚めの靴下を履きますので、少し大きめぐらいが靴下と一緒に履いた時にピッタリになります。またそれでも靴が少し大きい方には、キャニオニング用靴下を二重にして対応しております。

作業中にジャジャがキャニオニングブーツについて教えてくれました。ブーツの底は特別なラバー素材を使っており、濡れた岩や石の上を歩いても滑りにくいように設計されているそうです。自分の手でも少しブーツの底を触ってみましたが、普通のスニーカーやランニングシューズとは比べものにならないほどのグリップを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学でロッククライミングの授業を受講してましたが、その時に使っていたクライミングシューズもとてもグリップがあり岩にピタッと付くような感触がありました。しかし、今回キャニオニングブーツを触ってみて、キャニオニングブーツの底の方が柔らかく感じました。これは濡れた岩にしっかり靴底がグリップするように、キャニオニングブーツの底には少し柔らかめのラバー素材を使っているのだと思います。

キャニオニングブーツは滑りづらく保温性も高い専用設計のシューズのため、その分お値段も少し高いです。EOCキャニオニングツアーの料金はウェットスーツ、ヘルメット、キャニオニングブーツ、キャニオニンググローブ、ハーネスのレンタルが含まれておりますのでご安心ください。EOCの充実したギアーでお客様に安心、安全にツアーをお楽しみいただけると思います。

6月3日からキャニオニングツアーがスタートしています! ご興味のある方は下記EOCのHPをチェックしてみて下さい!

https://www.evergreen-hakuba.com/jp/

白馬のEOCでお待ちしております!!

ひびき