ひびきのインターンシップ日記(MTBトレーニング)

・MTBトレーニンング

こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。6月19日と20日の2日間に渡ってマウンテンバイク(以下略MTB)ガイドのトレーニングが行われました。

1日目はMTBの特徴と基本スキルを学び、1人1人実際にツアー前の説明とデモンストレーションの練習をしました。この中で特に気をつけているのは、MTB初級者に向けたブレーキの説明とデモンストレーションです。MTBのブレーキは油圧ディスクブレーキです。ホイールに小さい円盤のようなものが付いていてそれを2つのブレーキパッドがサンドイッチするようにして止まります。油圧ディスクブレーキは軽い力で強い制動力を生みだすことができます。ママチャリのようにブレーキをかけてしまうと前輪が急に止まってしまったり、後輪が滑りトレイルへのダメージの原因となってしまいます。

お客様に最適なライディングをしてもらう為に、「両方のブレーキをじんわりかける」とお客様に説明しています。MTBに乗っていて転倒の原因になりやすいのがブレーキのかけ方なので、ブレーキの説明を徹底しています。

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、1日目に引き続きMTBの基本スキルの説明の練習とセーフティートークの練習をしました。セーフティートークというのは、ツアーをより安全にそして快適に楽しんでいただけるように、お客様にツアー中の注意点の説明をすることです。MTBツアーでの注意点として、「ガイドより前を走らない」「前の自転車と2台以上距離をあける」「トラブルがあった場合はその場で待機する」をお願いしています。

2日目の午後は、白馬みねかた地区にあるトレイルでダウンヒルのトレーニングをしました。7kmほどの舗装路と林道を登ったところにあるダウンヒルトレイルのコース確認とコースを活用したMTBスキルのレベルアップトレーニングを行いました。30度という気温でしたが、無事みんな7km登りこのトレイルを降りてくることができました。

 

 

 

 

 

 

 

この2日間のMTBガイドトレーニングで感じたことは、基本スキルの説明をなるべくシンプルにしてお客様にわかりやすいようにツアーを行なっていこうと思いました。2日目のMTBライディングの基礎のデモンストレーションをした時に、デモンストレーションをしながら説明を一緒にしてしまいました。これをしてしまうとお客様の注目が僕の説明に向いてしまい、肝心のデモンストレーションに注意がいかなくなることを、MTBガイドトレーニングの講師でありガイドでもある、やちよさんにご指導いただきました。これから実際にお客様をガイドする時に、気を付けていこうと思いました。

MTBファンライドツアー中に下記写真のような絶景を見られます!

 

 

 

 

 

 

 

EOCではMTBファンライドツアー、MTBダウンヒルツアー、MTBプライベートツアーを行なっています。ご興味のある方は下記ホームページをご確認ください。

https://www.evergreen-hakuba.com/jp/mountain-biking/

ひびき