1回目のウォーターウィザードキャンプ終了

【エヴァーグリーンのサマーキャンプ2017】 水を知る   4泊5日のウォーターウィザード 森と山を知る 4泊5日のマウンテンマスターズ 湖でキャンプ 1泊2日のファンキャンプ   今年は3種類のキャンプをご用意しています。 ウォーターウィザードとマウンテンマスターズを合わせた9泊10日のコースも 好評で沢山のキャンパーにご参加いただいています!   さて、7月3日から4泊5日で行っていたウォーターウィザードキャンプ …

ひびきのインターンシップ日記(キャニオニングトレーニング2日目)

・キャニオニングトレーニング2日目 こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月27日はキャニオニングトレーニング2日目でした。 トレーニング2日目では 懸垂下降の練習をしました。 懸垂下降とはロープを使って高所から降りる方法です。 キャニオニングで「なぜこの懸垂下降が必要になるの?」と不思議に思う方がいるかもしれません。   実はキャニオニングでは渓谷の水量などによって 途中のポイントを懸垂下降をして降りることがあります。 …

ひびきのインターンシップ日記(キャニオニングトレーニング1日目)

・キャニオニングトレーニング1日目 こんにちは。 エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。   キャニオニングとは体1つで渓谷を下るフランス発祥のアウトドアーアクティビティーです。 トレーニング1日目の午前中は、 キャニオニングガイドとしての基礎知識、ツアーの流れ、装備の紹介など を座学で勉強しました。     …

ひびきのインターンシップ日記(カヌートレーニング2日目)

・カヌートレーニング2日目 こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月24日はカヌートレーニング2日目でした。この日がカヌートレーニング最終日ということで、午前中は真横に移動するパドリングや急にターンするパドリングなど、より高度なパドリングを練習しました。カヌーのパドリングは様々な種類があり、2日間ですべてができるようになるわけではありません。トレーニング2日目でカヌーの奥の深さを感じ、それぞれのパドリングを少しずつ継続して練習する必要があるなと感じました。 午後はレスキューの練習をし、主にTレスキューが素早くできるように練習しました。Tレスキューとは転覆したカヌーを表にもどし漕ぎ手に再乗艇してもらう救助方法です。Tレスキューのやり方は「カヤックトレーニング2日目」でも少し紹介しましたが、今回は写真とともに詳しく紹介していきます。 ・ステップ1 転覆したカヌーに近づき、カヌーの真横に転覆したカヌーの先端をもっていき、2つのカヌーがT字になるようにします。その後転覆したカヌーの先端少し引き上げます。         …

ひびきのインターンシップ日記 (カヌートレーニング1日目)

・カヌートレーニング1日目 こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月23日はカヌーガイドトレーニング1日目でした。最初に、カヌーとカヤックの違いを教わりました。カヌーのパドルは1つのブレード(パドル先端の水掻き部分)しかないのに対して、カヤックのパドルは2つのブレードが付いています。また、EOCがカヌーツアーで使っているカヌーはカナディアンカヌーといって、基本的に2人で乗船します。前の漕ぎ手と後ろの漕ぎ手で片側ずつパドルをいれて漕いでいきます。前方の漕ぎ手は基本的に漕ぐだけの「エンジン」で後ろの漕ぎ手は方向を決める「舵」です。 その後ガイド研修生はカヌーの基本ストロークをジェイムスさんから教わりました。カヌーの基本ストロークはフォワードストローク(前漕ぎ)、リバースストローク(後ろ漕ぎ)、スウィープストローク(方向転換)です。 ・フォワードストローク=前から後ろに漕ぎ前進する漕ぎ方です。 ・リバースストローク=後ろから前に漕ぎ後退する漕ぎ方です。 ・スウィープストローク=ほうきで掃くようにカヌーの横に半円を描くように 漕ぐことで方向転換します。 上記3つのストロークの詳しい説明は「カヤックトレーニング1日目」のブログで紹介したのでご確認ください。https://www.evergreen-hakuba.com/jp/hibikisinternshipblogday8/   …

ひびきのインターンシップ日記(MTBトレーニング)

・MTBトレーニンング こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。6月19日と20日の2日間に渡ってマウンテンバイク(以下略MTB)ガイドのトレーニングが行われました。 1日目はMTBの特徴と基本スキルを学び、1人1人実際にツアー前の説明とデモンストレーションの練習をしました。この中で特に気をつけているのは、MTB初級者に向けたブレーキの説明とデモンストレーションです。MTBのブレーキは油圧ディスクブレーキです。ホイールに小さい円盤のようなものが付いていてそれを2つのブレーキパッドがサンドイッチするようにして止まります。油圧ディスクブレーキは軽い力で強い制動力を生みだすことができます。ママチャリのようにブレーキをかけてしまうと前輪が急に止まってしまったり、後輪が滑りトレイルへのダメージの原因となってしまいます。 お客様に最適なライディングをしてもらう為に、「両方のブレーキをじんわりかける」とお客様に説明しています。MTBに乗っていて転倒の原因になりやすいのがブレーキのかけ方なので、ブレーキの説明を徹底しています。             …

ひびきのインターンシップ日記(ツリークライミング)

・ひびきのインターンシップ日記 (ツリークライミング) こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月17日、18日はクラフトビアマルシェ in 白馬にてツリークライミングを行いました。           …

ひびきのインターンシップ日記 (カヤックトレーニング3日目)

・カヤックトレーニング3日目 こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月14日(水)はカヤックトレーニング3日目でした。最終日ということで、1日目に練習した3つのストローク、2日目に習った牽引、救助の復習をしました。研修生のみんなはカヤックの上で自信もついてきて、素早く牽引や救助ができるようになりました。               …

ひびきのインターンシップ日記 (カヤックトレーニング2日目)

・カヤックトレーニング2日目 こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月13日(火)はカヤックトレーニング2日目でした。主なトレーニングの内容はカヤックの牽引と転覆したカヤックの救助でした。カヤックガイドは、もしお客さんが疲れたり、急に風が強くなって前に進めない時に、カヤックを牽引します。カラビナとロープを使ってガイドのカヤックとお客さんのカヤックを繋いで引っ張ります。今回は研修生がお互いに役を交代しながら牽引のトレーニングをしました。1艇だけを牽引するのではなく2艇を牽引するというトレーニングも行い、カヤックを牽引すると漕ぐのがとても重く進みませんが、今回のトレーニングで研修生全員2艇のカヤックを50m牽引することができました。             牽引の次は、転覆したカヤックの救助方法「Tレスキュー」という技術を練習しました。「Tレスキュー」というのはガイドのカヤックと転覆したカヤックでT字になる位置にします。その後、転覆したカヤックをガイドのカヤックの上にあげて、中の水を全て抜き漕ぎ手に再乗艇してもらう救助方法です。 …

ひびきのインターンシップ日記 (カヤックトレーニング1日目)

・カヤックトレーニング 1日目 こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。 6月12日(月)はカヤックトレーニング1日目でした。カヤックトレーニングは3日間行われます。今回は1日目ということでカヤックの基本をトレーニングしました。カヤックの基本的な漕ぎ方はフォワードストローク、リバースストローク、スウィープストロークの3つです。フォワードストロークはパドル両方のブレードを交互に使い、カヤック両側の水を前から後ろに持っていき、前に進む漕ぎ方です。リバースストロークは両方のブレードの裏側を交互に使ってカヤック横の水を後ろから前に持っていき後退する漕ぎ方です。スウィープストロークは英語で書くと「Sweep Stroke」となり、「Sweep」は英語で掃くという意味です。このストロークはカヤックの横でパドルの片方のブレードを使い、掃くように半円を描き方向を変える漕ぎ方です。 この3つのストロークを教わり、カヤックに乗って実際にこのストロークを試してみました。それぞれのストロークは難しくなく、フォワードストロークをすれば前進し、リバースストロークをすれば後退し、スウィープストロークをすればカヤックの方向を変えることができました。           …