ひびきのインターンシップ日記 (カヌートレーニング1日目)

・カヌートレーニング1日目
こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。

6月23日はカヌーガイドトレーニング1日目でした。最初に、カヌーとカヤックの違いを教わりました。カヌーのパドルは1つのブレード(パドル先端の水掻き部分)しかないのに対して、カヤックのパドルは2つのブレードが付いています。また、EOCがカヌーツアーで使っているカヌーはカナディアンカヌーといって、基本的に2人で乗船します。前の漕ぎ手と後ろの漕ぎ手で片側ずつパドルをいれて漕いでいきます。前方の漕ぎ手は基本的に漕ぐだけの「エンジン」で後ろの漕ぎ手は方向を決める「舵」です。

その後ガイド研修生はカヌーの基本ストロークをジェイムスさんから教わりました。カヌーの基本ストロークはフォワードストローク(前漕ぎ)、リバースストローク(後ろ漕ぎ)、スウィープストローク(方向転換)です。

・フォワードストローク=前から後ろに漕ぎ前進する漕ぎ方です。

・リバースストローク=後ろから前に漕ぎ後退する漕ぎ方です。

・スウィープストローク=ほうきで掃くようにカヌーの横に半円を描くように

漕ぐことで方向転換します。

上記3つのストロークの詳しい説明は「カヤックトレーニング1日目」のブログで紹介したのでご確認ください。http://www.evergreen-hakuba.com/jp/hibikisinternshipblogday8/

 

 

 

 

 

 

カヌーにはもうひとつJストロークという基本の漕ぎ方があります。このストロークは後ろの漕ぎ手が使います。Jストロークは最初フォワードストロークと同じように前から後ろに漕ぎ、パドルが後ろまでいったらブレードを立てて外側に押し出すようにして漕ぐことで、漕ぎながら舵を切ることができます。このJストロークを使うことで、1人でカヌーに乗っている時に片側だけを漕ぐだけでまっすぐ前に進んでいくことができます。

ジェイムスさんのアドバイスをしっかり聞いてそれぞれのストロークを一生懸命練習しました。カヌートレーニング1日目が終了する時には研修生全員、カヌーを思い通りにコントロールすることができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングの最中にジェイムスさんがカヌーのパドルで出来る遊びを教えてくれました。その遊びは「水風船」といって、パドルを使って下記写真のような水風船を作ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

水風船をパドルで作るのは少し難しいですがコツを掴めば簡単に作ることができます。

この夏、多くのことを吸収してガイドとしてお客様に楽しんでいただけるように、ひとつでも多く自分の引き出しを作っていきたいです。

EOCでは湖のアクティビティーとして、カヌー、カヤック、SUP(スタンドアップパドルボート)、ピクニックカヌー、ホタルカヌーのツアーを催行しています。

詳しくはこちらをご確認ください。

http://www.evergreen-hakuba.com/jp/green-season/

 

青木湖の透明な水で楽しむ、EOCのカヌーツアーで爽快な夏を満喫してみませんか?

EOCスタッフ一同白馬でお待ちしております。

 

ひびき