ひびきのインターンシップ日記(キャニオニングトレーニング2日目)

・キャニオニングトレーニング2日目

こんにちは。エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。

6月27日はキャニオニングトレーニング2日目でした。

トレーニング2日目では

懸垂下降の練習をしました

懸垂下降とはロープを使って高所から降りる方法です。

キャニオニングで「なぜこの懸垂下降が必要になるの?」と不思議に思う方がいるかもしれません。

 

実はキャニオニングでは渓谷の水量などによって

途中のポイントを懸垂下降をして降りることがあります。

 

アシスタントガイドはお客様よりも先に降りてロープを確保する必要があるため、

システム作りから懸垂下降までしっかり練習しました。

システム」とは目的に合わせてカラビナ、ロープ、その他ギアーなどを組み合わせて作るものです。今回はロープ、カラビナ、懸垂下降用のギアーを使いシステムを作り、そこを懸垂下降しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロープ一本に体重を預けるというのはとても危険なように思えますが、キャニオニングで使用するロープはロッククライミングなどにも使われるロープです。

 

このようなロープは静耐荷重で数トンも耐えられるようなものなので安心して懸垂下降できます。

また懸垂下降中にロープを固定して一時的に下降を中断することもできます。

下降中にしっかりロープを固定できれば、彼のように両手を離しても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

肌で感じる水圧、素晴らしい景色、透明な水など、キャニオニングツアーでは様々な体験を1つのツアーでお楽しみ頂けます!

ツアー時渓谷の水量やツアーのコースによってツアー中に懸垂下降をお客様にやって頂くかは状況により異なりが、懸垂下降も様々な体験の1つとしてとてもいい思い出と経験になります。

 

EOCのキャニオニングツアーの詳細については下記をご確認ください。

http://www.evergreen-hakuba.com/jp/canyoning/

夏休み前の今の時期は

水量が多く、シーズンで1番スリリングなツアーをご体験頂けます!

7月15日〜9月24日まで半日ツアー8歳からご参加いただけますよ。

 

EOCのキャニオニングツアーで「夏は白馬で大冒険」してみませんか?

 

ひびき