ひびきのインターンシップ日記(キャニオニングトレーニング1日目)

・キャニオニングトレーニング1日目

こんにちは。
エヴァーグリーン・アウトドアーセンター(以下略EOC)のインターンシップ板垣ひびきです。

 

キャニオニングとは体1つで渓谷を下るフランス発祥のアウトドアーアクティビティーです。

トレーニング1日目の午前中は、

キャニオニングガイドとしての基礎知識、ツアーの流れ、装備の紹介など

を座学で勉強しました。

 

 

 

 

 

 

 

この中で一番気をつけていこうと感じたことは「ガイドの姿勢」です。

 

ガイドは何回も同じコースをキャニオニングするので慣れてきますが、

ガイドとしていつも新鮮な心を持ち、

1つ1つのツアーで何か発見や改善点を見つけていければ自分もガイディングを楽しめ、

質の高いツアーをお客様にお届けできます。

 

またその結果、お客様にもツアーをより楽しんで頂けるなと感じました。

お客様はキャニオニングを楽しみにEOCにやってきますので、

ただガイドがツアーをこなして行くだけではお客様もツアーを楽しむことができません。

 

自分が初めてのキャニオニングの時に感じたことを忘れず、お客様にも僕のように

キャニオニングはとても楽しく達成感のあるアウトドアーアクティビティーだ

と感じて頂けるように日々ガイディングのスキルを上げ今シーズン頑張っていきたいです。

 

 

午後はロープワークの練習をしました。

ロープワークではどのようなノット(結び方)でどのような場面でそのノットを使うかを勉強しました。

今回は習ったノットの中から3つほど紹介します。

 

①ムンターヒッチ

この結び方はロープとカラビナの抵抗によってロープの流れを制動することができます。
懸垂下降や懸垂下降時のバックアップとしても使われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②ダブルフィッシャーマンズノット

この結び方は2つのロープを強固につなげることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

③フィギュアエイトフォロースルー

クライミングなどでよく使われる結び方です。
今回は2つのロープをつなぐノットの1つとして習いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーナーでシニアガイドでもあるミツクニさんにこのようなノットを十数個習い、練習しました。

まだノットを素早く作ることができないのでこれからも日々継続して

それぞれのノットを練習していきます。

 

EOCでは半日と1日のキャニオニングツアーを催行しています。

夏休み前の今の時期

水量が多く、シーズンで1番スリリングなツアーをご体験頂けます!

7月15日からの半日ツアー8歳からご参加いただけますよ。

詳しくはこちらをご確認ください。http://www.evergreen-hakuba.com/jp/canyoning/

 

キャニオニングツアーでは、

素晴らしい景色と透明度の高い水の中

体ひとつで渓谷を下る興奮と達成感

を感じることができます。

 

みなさんもEOCのキャニオニングツアーに参加して「夏は白馬で大冒険」してみませんか?

ひびき