暖かくなりました!6月の白馬

6/5   体験ツアー 青木湖

地元の方向けの体験ツアー第1弾 カナディアンカヌー、カヤック、カヌーピクニック。

1人乗り用カヤック、2人乗り用カヌー、10人乗り用ボイジャーカヌーのMixツアーで、2歳から楽しめる最もリラックス度の高いツアーです。15名の子どもたちを乗せたカヌーは青木湖の対岸に渡り、森のなかでのサンドイッチランチ。長野県のなかでもっとも水のきれいな青木湖での冒険は夏休みの一押しツアーです。

6/6   体験ツアー キャニオニング

地元の方向けの体験ツアー第2弾 キャニオニング

フランスのアルプスでスタートしたキャニオニングは体一つで渓谷を下るスポーツ。ヨーロッパでは、週末になると友達同士で渓谷でキャニオニングするのは当たり前なくらいメジャーだそう。弊社も今年で6年目で、6月のこの時期には水量の十分な激しめのツアーとなります。

国際キャニオニング協会(CIC)の資格を持ったガイドがいるのは、日本では5社もありません。厳しいヨーロッパ仕込みの厳しいトレーニングを積み、本物のキャニオニングを提供しています。 クライミングメーカー5.10(fiveten)のキャニオニング専用シューズやクライミング用ヘルメット、しっかりとした道具と技術を維持し、より一層の安全を心掛けています。

参加されたお宿さんでホ・オポノポノさん、グローブインスカラさんのブログにもその様子を取り上げて頂いています。ぜひチェックしてみてください。

 

6/7   大町北小学校

地元の小学五年生たちにむけてのカヌー・カヤック実習①

みんな素直で元気一杯に一生懸命パドルを漕ぐ姿に感動しつつ、大人も負けてられないと反芻。準備も早く、集合時間の10分前には静かに待っていてくれるし、教えたことを素直に吸収する姿、すっばらしいの一言。

子どもたちに自然の中でもっと遊んでもらい、そこで大切なものを自分で見つけてもらいたいなぁーと思っています。

6/8   大町西小学校

地元の小学五年生たちにむけてのカヌー・カヤック実習②

今日も陽射しの強い一日となりました。子どもたちは、カヌー、カヤックに乗って、青木湖で水を掛け合ったり、森のトンネルを潜って暑さをしのいでいます。誰一人、カヌー、カヤックとも沈することなく帰還。ほんとに珍しいことです。みんなめっちゃうまくてびっくり。

 

6/10  体験ツアー第3弾 MTB DH

今日も天気の良いなかのツアーとなりました。みなさまの日頃の行いが良かったようです。久しぶりに自転車に乗る人、女性の参加者もいて、終始なごやかな雰囲気でツアーが進みます。

カナダ生まれのディビットとカナダ生まれのKonaのバイクで白馬の里山を下ります。
やっちゃんありがとうございます。

木々の間から溢れ出すマイナスイオンを体一杯浴びて、心も体も健康に。

ゴール地点では自然に笑みがこぼれていてええ感じです。

ボスコさん, 櫟(kunugi)さん ホ・オポノポノさん,グローブインスカラさんにも詳細が。ぜひチェックしてください。

 


6/12  Voyager Canoe & BBQ

World Family 

大勢の子ども達をのせてボイジャーカヌーで湖を周遊。ディズニーの英語教材を勉強しているみんなは、元気なEnglishキッズということで、一時間たったころにはhungryとういう声もちらほら聞こえ始めて。今日は湖面に風がなくミラーレイク状態で、山が鏡のように映りこみます。

日本全国から集まったのにみんな仲良しでなぜか一体感があるように感じます。世界中から集まったEvergreenのスタッフも子ども達に負けじとBBQにてチーム力発揮できた、はず。

 

6/14  劇的Before After for the Planet 企画第2弾

前回4/25の第2弾、劇的before after for the Planet 企画。

ひつこいようですが、3R精神(reduce.reuse.recycle)と貧乏根性で地球への負荷を減らしていきます。
今回は大阪からやってきたお祭り男Mitsuによる一品。説明は無用。ぜひご覧あれ。

Viva La Revolution!!!

6/18   カモシカキャニオン1日コース

雨垂れ石を穿つということわざをご存知でしょうか??

これはどんな小さな力でも根気よく努力すればいつかは成果を得られることのたとえ。実は、写真右の岩の下の空洞は昨年までずっーーと閉ざされていました。北アルプスより流れ出る水の力により削り取られたようです。滝修行も根気よく続ければ、清らかな心の持ち主になれること間違いなし。

6/19  苺

エヴァーグリーンの庭で元気に実るイチゴちゃん。

6/22 The 山やま

 

 

6/24  深山遊園 北野の郷


白馬村のお隣、小谷村の山奥にある北野地区。ブナの古木、樹齢300年を越えるミズナラ、伸びっぱなしの山菜が手つかずのまま残っています。知る人ぞ知る、古くて でも 新しい森を歩いて心も体もリフレッシューーー/。

 

6/27,28  WAF Advanced リフレッシュ講習

ツアー時の万が一に備えて、ガイド全員がウィルダネスアラート(Wilderness Alert Japan)の資格を受講しています。
アウトドア、山岳救助、野外で起こる事故や傷害を想定した最もためになる救急救助訓練で、日本でこの資格を標準にツアーを行っているガイド会社はまだまだ少ないです。
5日間のExploreコース、5日間のAdvancedコース、毎年のリフレッシュ講習はほとんどを実践によって進められます。
知識を詰め込むだけでなく、学んだ知識をいかに使うか、いかにレスキューするかというところに重点をおいていて、講習の間、何人救ったんだろう??と考えたり。

写真左は、首の骨折の疑いのある患者の応急処置。